妊娠を防ぐアフターピル

妊娠を防ぐアフターピルを紹介するサイトです。 - 初期中絶手術の方法と流れ

初期中絶手術の方法と流れ

初期妊娠中絶は、妊娠11~12週未満までの場合に実施することができます。
中絶方法としては、掻把法と吸引法の2種類があり、クリニックによってどちらかの方法を選択したり2種類の方法を併用したりします。
スプーンのような細長い器具あるいは、特殊なハサミ状器具を使って、子宮内から胎児や付属物を掻き出す方法です。
器具がシンプルなので、感染などのトラブルを起こしにくいのが利点です。
熟練の腕前の医師による手術ではほとんど心配ありませんが、器具の細長い形状によって柔らかな子宮を傷つけてしまう危険性が少なからずあります。
それ以外で子宮の中を強力な吸引器で吸い出す方法があります。手術時間を短縮出来る利点はありますが、陰圧により子宮内壁の微細な血管を傷つけて出血量を増やすことがあり、妊娠週数の進行した中絶手術には対応出来ないという欠点があります。
また、洗浄、滅菌に手間がかかり、器具を正確に滅菌しないと感染症を引き起こす原因となります。
クリニックによっては、手術をしやすくするために、前日に、子宮頚管を広げるラミナリアという器具を挿入します。ラミナリアは海藻でできた棒状のもので、少しずつ体内の水分を吸って膨張していき子宮の入り口を広げます。人によっては、痛みが出る場合もあります。ピルを利用して望まない妊娠を減らしていきたいものですね。

天然素材でもイタイ中絶 自分を大切にできる人こそイイ女

望んでいない妊娠をしないために・・・人生の一大イベントの“出産”。どんな事情があったとしても、中絶は女性の身もココロも傷つけます。天然素材をつかった誘発。あなたはどんな気持ちで使うことになるのでしょうか。

苦しむココロ。エチケットなしの代償は大きく、やってくる覚悟の日。その前日に

夜は絶食してのぞむ中絶の日。キズは見えないものの、ココロに重くのしかかるものがあります。自分を守る、今ドキ女子のエチケットはしっかりとした相手えらびと望んでいない時には避妊すること。しかしいろいろな事情でどうしても下ろさなければならなくなった時。頼りになる自然からの恵みの誘発方法があります。知っておいて損はない、前日に入れる素材は意外なものでした。

使うものは、海藻のひとつ。なるべく自然に近くするラミナリアの初期中絶

分娩誘発の促進に使われるひとつは、海藻の茎で作られた6~8センチメートルの円柱状の棒、ラミナリア。子宮頚管のなかに入れて置いておくと水分を吸収してだんだんと膨らみます。個人差はありますが、12~24時間で太さが2~3倍になる天然素材で、一晩いれて次の日に手術することが一般的です。

気になるその後の調子はいかがかしら。人によっては家でほぐして傷みとり

病院で入れてもらってそのまま入院する人もいますし、帰る人も。病院によって異なります。いったん家に帰った人は、おなかがイタくなる人もいますが、深呼吸してイタいところを中心にゆっくり軽くマッサージしてくださいね。

大好きな人との赤ちゃんは本当にかわいくていとおしいもの。ほかの何にも代えられない幸せを味わうためにも、きちんとライフプランを立て、授かった命にココロの底から喜びを感じましょう。

更新情報

[2015-08-25]
サイトマップの情報を更新しました。
[2014-05-14]
運営者情報の情報を更新しました。
[2013-03-27]
いろんな場所がむくむ方へを新規投稿しました。
[2013-03-27]
ミドリムシの効果を新規投稿しました。
[2013-03-27]
人には言えない悩み…膣編を新規投稿しました。
ページ上に戻る